読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかぽんディレクトリ

ネットを巡回していて、思わずブクマしたアフィリエイトサイトをまとめてみた(主観)

ロングテールで月50万以上稼ぐ看護師サイトの運営者にインタビューしてきた

看護師

えー今日は、ナースハッピーライフという看護師の情報サイトを運営されているyuyanさんにお話を聞く機会ができたので、その模様をほぼノーカットでお伝え出来たらと思います。

 

 

運営サイトはこちら↓

ナースハッピーライフ | 看護に役立つ知識が学べるハウツーサイト

 

f:id:takapontan:20140422194614p:plain

 

 

サイトの開設経緯とアクセス概要について

 

たかぽん(以後-) 今回この看護師のサイトについてのインタビューということで、よろしくお願いします。早速ですが、まずサイトの開設時期を教えてください。

 

yuyan よろしくお願いします。開設時期は、2009年の6月です。

 

 

- 2009年の6月ですと、4年と8カ月ですか。今、1日のユニークはどれ位ですか?

 

yuyan 月間で大体12万人になので、1日でだいたい4000人という感じです。

 

 

- 1日4000人のユニークはすごいですね。これはキーワード的には、どんなワードで来てるんですか?一番多いキーワードのアクセスで1日どれほどになりますか。

 

yuyan えーと、not providedとかもあって、分からないところもあるのですが、一番アクセスを集めているコンテンツは決まっていて、看護技術のコーナーです。

 

- サイトの一番左にある?

 

yuyan そうです。

 

 

- 看護技術のコンテンツが大部分のアクセス数を集めているのですか。

 

yuyan はい。大部分のアクセスを集めています。多分聞いたことがない言葉かもしれませんが、特に「胸腔ドレーン」とかはとても集めています。

 

- あ、じゃあ3分の2位?

 

yuyan いいえ、もっと集めてます。9割ほどです。

 

- なるほど(笑)9割は、すごいですね。

ちなみにこのサイトのゴールというか、ゴールはやはり転職サイトへ誘導するところだと思うのですが、どうしてこの看護技術のコンテンツをつくろうと思ったのですか。私の考えでは、そもそも看護技術を検索する人が、成約するのかという疑問があります。

 

yuyan 話すと少し長くなりますが、まずこのサイトは、もともとこのような学習のためのサイトというふうにしていなかったんですね。どのようなサイトだったのかというと、他社さんでもよくあるような転職のHow toや、転職サイトはこれとこれにはこのような違いがありますというようなサイトをもともとやっていたのです。2011年の半ばほどまでずっとそのようなサイトでした。

 

 

- それは看護師の転職のHow toということですか。全ての業種のですか?

 

yuyan 看護師の転職のHow toです。もともと右側のサイドバーにある比較ランキングというものを、SEOで上げる対策をずっとしていて。その一環としてコンテンツを増やしていたのです。結構、今考えるとすごく稚拙なのですが(笑) 増やせばいいかという感じでずっと増やしていました。ただそれもあまりうまくいっていなくて。比較ランキングのページの上位表示にはあまり貢献している感じがしませんでした。

 

それで、順位もだんだんと下がってきていて、このままだとやばいと感じていたのですが、そういう状況のなかで一部だけすごいアクセスを集めているコンテンツがあって、それが看護技術のコンテンツだったのです。

で、このサイトは実はナースのライターの方と定期的にミーティングをしながらやっているのですが、これは何ですかね?という話をしていて、そのときにこの看護技術というコンテンツがどうしてニーズがあるのかということが、話をしている中で分かったのです。

 

「転職」というキーワードのエリアで戦い続けることは今後少しきついと思っていたところ、その中でPVがとても取れるコンテンツがあることが分かったのです。ですから少し発想を変えて、これを拡大して面を取っていって、その中から転職に近い人がぽろぽろ取れればいいと思ったという感じです。

 

なおかつコンテンツも拡大していって、サイト全体のパワーも上げられて、かつ一つ一つが役立つコンテンツがあれば、被リンクが集められるコンテンツになるのかなと思ったのです。何かその、これまでとは違うコンセプトを作って他のサイトとは少し違う見せ方をしたいと思ったときに、このナースの学習というジャンルを特化することに決めました。

 

 

- なるほど。先ほど言われた看護技術のコンテンツに対して、なぜユーザーのニーズがあるのか?というのは、何か仮説のようなものが立っていたのですか。

 

yuyan はい。このサイトのアクセス解析を見ると、面白い現象が起こっていました。

 

f:id:takapontan:20140424101833p:plain

 

これは直近ではないのですが、毎週、金曜日と土曜日に落ちて、日曜日から木曜日にきれいに伸びてるという動きをしています。これは毎週なんですね。なおかつこれは時間帯が大体22時から23時の深夜帯にアクセスがすごく増えるのです。これはどうしてかというと、看護師さんが病院に行く前にこのサイトで予習をしているのです。

新人さんだと特にそうなんですが、看護師さんの中には実習がすごくきついという方が居て、先輩などにすごく怒られるんです。人間のカスとまで言われるほど怒られて(笑)それがすごく嫌なんですよ。

 

どの看護師さんも、次の日に何の処置をするかということは前日に大体把握をしているんですね。ただいざ次の日にやろうというときに、一緒に付いている先輩から「じゃあこれはどのようにやるのか答えて」というようなことを聞かれるのです。そのときにうまく答えられないとものすごく怒られて、トラウマになるということがあるのです。それが嫌で前日に予習をするのです。で、医療のテキストはものすごく高いのです。平均して1冊4000円ほどして、それを全部買うことは無理なので、スマートフォンなどを使って、明日は何をするのか、準備物は何か、どのような手順でやればいいのかということをネットで調べるのです。で、それに特化したサイトはまだないという話があったのです。

 

 

- 確かにあまり看護師のサイトでも、技術のサイトは見たことないです。

 

yuyan ないですよね。企画をしたときに似たようなサイトはいくつか見ていたのですが、どれもそれほどクオリティーが高くなかったので、これなら勝てると思ったのです。

 

- サイトのアクセスは結構スマートフォンの割合が多いのですか。もう7割などありますか。

 

yuyan はい、多いです。7割まではいかないですが、6割ほどはスマートフォンです。

 

 

成約ワードについて

 

- サイト内に成約のワードみたいなものは、追っているんですか。

 

yuyan はい。追っています。

 

 

- やはり看護技術系のアクセス、いわゆる看護師転職とはドンピシャではないワードで成約しているものが圧倒的に多いのですか。その割合などは分かりますか。

 

yuyan そのようなことはないのです。これはやったから分かったことなのですが、やはり学習向けコンテンツは駄目です。割合で言うと半々ほどです。

 

 

- あ、でも半分はあるんですね。

 

yuyan 半分はあります。ですから、ある程度はあることは見えています。ただそれも見えたのは実はここ最近なんです。それまでは発生しているのかいないのか、よく分からない感じでした。なおかつ代理店さんと話をしていると、やはり成果の質がすごく落ちているらしいのです。

 

 

- それはこのサイト(の成果)がということですか。

 

yuyan そうです。ですからやはりキーワードが遠すぎて無理矢理クリックさせると、(アクセスの質が、こうも)違うのかということが分かりました。

 

- なるほど。まとめると、アクセスとしては看護技術系のコンテンツの割合が圧倒的に多いけど、成約は直球系のワードと半分半分という感じですと。

 

yuyan そのようなこともあってあまりうまくいっていないのです。要は(皆さんが)真似をしてもしようがないということがあるのです。

 

- やるな、と(笑)

 

yuyan やってもいいですが、だいぶ長い目で見た投資になるという感じです。

 

- 今、成約的には月に10本から20本ほどですか。

 

yuyan 20件ほどです。

 

 

facebookページの運用

 

- 今後のサイトの方向性は、どのようなものを目指していくのですか。

 

yuyan いくつか方向性があるのですが、これまでやってきた中でやはりキーワードが重要ということが分かったので、一つは転職のところをもう少し最適化をして、売り上げを伸ばすということです。

 

 

- 最適化をするということは、ワードを拾うということですか。

 

yuyan そうです。ワードを拾っていって、上げられるものは上げていくということは、もう少しできると思います。

 

 

- それはリンクをはってあげるのですか。それともサイトのドメインの力を利用して上がればいいかという感じですか。

 

yuyan それは少し悩んでいます。多分、頑張っていいコンテンツをつくっていくというか、被リンクのはられるコンテンツをつくって、リンクを送るみたいなことができれば、一番いいと思っています。

 

 

- いわゆる情報コンテンツのような被リンクをゲットして、そこから内部リンクを送っていくということですか。

 

yuyan 松尾さんがやっているみたいな感じのことができるのが理想なのです。

 

 

- バズというか、ソーシャル的なものはやってらっしゃるのですか。

 

yuyan まだやっていないです。Facebookページをつくったのは、もともとそれが理由なのです。要は露出経路をつくりたかったのです。バズコンテンツを送り出すための経路をつくりたかったのです。

 

https://www.facebook.com/nursehappylife

 

f:id:takapontan:20140425075611p:plain

 

- 今は1800ほど「いいね!」が付いていますね。

 

yuyan 1回800ほど「いいね!」がついたときに、それらしいことをやっていたのですが、全然うまくいかなかったので、バズコンテンツの作成はしばらくやっていないです。

 

- これは新規のコンテンツができたときに、Facebookページで告知するという感じですか。

 

yuyan そうです。

 

- 告知をしたら結構「いいね!」は付くのですか。

 

yuyan 「いいね!」は付きます。

 

- どれほど付きますか。

 

yuyan 200ほどです。被リンクは付かないです。本当ははてなブックマークなどが付いてほしいのです。

 

- しかし更新するたびに200「いいね!」がつくということは結構すごいです。

 

yuyan 広告なども出して結構頑張ると、それほどは付きます。

 

- 1500「いいね!」にするために、Facebookで広告を出すということですか。

 

yuyan そうです。

 

- 「いいね!」をしてくれているのは、実際の看護師さんが結構多い感じですか。

 

yuyan そうです。看護師さんが多いです。

 

- 記事を更新したらコメントなどもくるのですか。

 

yuyan きますね。Facebookの運用は割と頑張っています。

 

- Facebookページの運用にコツはありますか。これであれば「いいね!」が付きやすい、これは逆につかないなどありますか。

 

yuyan すごくうまくいっているというわけではないですが、今はあるあるネタを頑張っている感じです。看護師の日常でよくあるようなネタをイラストにして伝える感じです。

 

f:id:takapontan:20140425075631p:plain

 

- どれほどの頻度で更新をされますか。結構毎日に近くやっていますか。

 

yuyan そうです。やっています。イラストは週1回ほどでやっています。これは後々サイトの方で再利用できたらと思っています。

 

ライティング体制

- 先ほど看護師さんが実際に書いていると言われていましたが、今は何人ほどの体制で書かれていますか。

 

yuyan ライターの1人は、監修兼ライターという人が居るのです。その人はもともと看護師だったのですが、今は辞めて専業でライターをやっているという形です。コンテンツを作る際にはその方に必ず関わってもらっていまして、定期的にその人とミーティングをしています。その人がデレクションする形で、6、7人ほど居ます。

 

 

- 残りのかたは、ライターなどではなく、普通の看護師ですか。

 

yuyan はい。看護師です。副業のような感じでやられているようです。

 

 

- 1記事はどれほどの単価でやられているのですか。

 

yuyan 詳細はお伝えできないのですが、いわゆるクラウド発注サービスで一般的に見られる単価よりはかなり高い単価を出していると思います。

 

 

 

- 何文字ほどですか。

 

yuyan 文字で言うとそれほど多くはないです。1000字から1500字ほどです。

 

 

- それはやはり何かこだわりというか、今はランサーズやクラウドワークスなど結構単価が安いところもいろいろありますが、そのようなところに頼んだことはありますか。

 

yuyan あります。しかしやはり専門性が高い内容の依頼なので、書ける人がそもそも少ないということがあります。最近はランサーズにも看護師の人が結構増えてきたのですが、少し前までは全然居なかったのです。

 

 

- 今の人はどのように集めたのですか。

yuyan ランサーズなどに何回も出すということと、サイト上で募集をかけたのです。

 

 

- くるものですか。

 

yuyan はい。これは「看護師 在宅ワーク」というワードで、ページがたまたま上位表示したら、そこから結構応募がきました。

 

 

- 何人ほどきましたか。

 

yuyan トータルで20人から30人ほどきました。

 

 

- その中でライターとしてこの人はやっていけるという人は、大体何人ほど居ましたか。

 

yuyan それは10人ほどです。

 

 

- そこからある程度絞っていったのですか。

 

yuyan 少し取り組みをして、本当にすごく優秀な人は2、3人ほどです。

 

 

- やはり1割ほどですか。

 

yuyan そうです。その人がメインで取り組んでいます。

 

 

- サイトの今のページ数はどれほどありますか。

yuyan 多分1000ページほどです。本当はもっと増やしたかったのですが、上司に止められました。

 

 

- 今は社内のインハウスということで一応やられていると思いますが、上司との取り組み方というか、会議などは、どのような体制でやられていますか。

 

yuyan 基本的に僕がほぼ任されていますが、期の始めに今年はこのような方針でいくというものを立てて、それに対して、これほどの予算でどうですかという話を僕がして、その上司とすり合わせをしていくという感じです。

 

- 最近のコンテンツの予算は、1カ月どれほどでやられていますか。それはサイトの収益などにもよりますか。

 

yuyan そうです。ただなるべく長い目で見てください、年間で最終的にこのような形を目指したいという話をいつもしています。SEOだと始めのほうに持っていかないと後々成果が出ていかないのです。ですからもう始めの3カ月でとても金を使う感じになります。ならすと大体、多分、月に30万から40万円のコストになります。外注費だけです。それを前のほうに詰めていきます。

 

 

- コンテンツのイラストと記事への投資と、SEO等にも結構お金を使っているのですか。

 

yuyan 最近は使ってないです。去年は結構使いました。ですから最近はもう少し投資は少ないです。月に20万円ほどだと思います。

 

 

- コンテンツのこだわりみたいなものはありますか。添削のときにこだわっていることや、発注時でもいいのですが記事のこだわりみたいなものはありますか。

 

yuyan なるべくユーザーさんにとって価値のある記事を書きたいと思っているんですが、扱っているテーマがかなり専門的なので、添削しようにも僕の分からないところは限界があると思っています。なので、記事のクオリティに関してはライターさんに大部分お任せしているんですが、ただその際ひとつ注意していることとして、ライターさんがやる気になっているかどうかというのを見ているところはあります。

 

 

- それはどのようなところを見るのですか。

 

yuyan 提案の内容などです。

 

 

- 今はライターさんが企画を上げてくる感じになっているのですか。

 

yuyan そうです。「転職」などサイトの収益に直結する重要なコンテンツに関しては、こちらからキーワードを出して、これで面白い記事を書いてくださいというような形で取り組んでいます。ただ看護技術のコンテンツに関しては、企画作成からキーワード出しまで看護師さんにお願いして、監修の看護師さんが他の看護師さんをディレクションするような形でやってもらっています。看護技術に関しては、もう正直分からないので。

 

 

- キーワード自体もライターさんが出しているのですか(笑)

 

yuyan 出している感じです。

 

 

- それはすごいですね。僕らでは出てこないワードが出てきそうです。

 

yuyan そうですね。絶対思い付かないものが出てきます。

 

アクセス解析の活用

 

- アクセス解析を見てやっていることはありますか。

 

yuyan 一番特徴的なものは、ヒートマップを見ています。

 

 

- アナリティクスではなく?

 

yuyan クリックテールというツールです。それでどの辺がクリックされやすいのか、マウスの動きがどのようなほうが熱いから、ここに配置するとクリックが集まるなど、そのような内部の改善はしています。

 

f:id:takapontan:20140424101812p:plain

 

 

- どれほどパターンを見ているのですか。

 

yuyan 使い方としては、メインは儲かるページを見て、クリックしてくれているかどうか、注目が意図したとおりに集まっているかどうかなどを見ています。

 

 

- トップページを見るのですか。個別ページも見ているのですか。

 

yuyan どちらも見ます。

 

 

- 僕も使ってみたいと思っているのですが、結構いいですか。

 

yuyan はい、クリックはたくさんされるようになりました。

 

 

- 感覚でいいのですが、どれほどアップしたのですか。

 

yuyan 5倍から10倍ほどはされるようになったと思います。しかしそれはやはり先ほど言っていたような話で、要はムリクリクリックのようになってしまうのです。

 

 

- 要は少しクッキー的な発想というか、踏ませようみたいな感じにはなってしまうということですか。

 

yuyan はい。1回踏ませようみたいになってしまうのです。僕もクリックテールを使った改善が、そこまでうまいわけではなくて。本当にうまい人だとその辺のユーザーの流れを自然に無理なくやるなど、そのような発想もできるのです。まだそこまで追い付いていないのです。

 

 

- 無理矢理クリックはあれかもしれませんが、実際に自分が意図したリンクを踏んでくれているのかというところは大切ですよね。踏んでくれなかったら、そもそも設置する意味がないので。

 

yuyan 置いたのに全然クリックされていないなど、無駄でしたということはなくなったという感じはします。

 

 

Twitterでの情報収集

 

- yuyanさん、最近Twitterアカウントを開設してますが、始めようと思ったきっかけは何かありますか。

 

yuyan 一応(会社では)マーケティングの事業をやっていて、マーケティングのノウハウはこのサイトには結構つぎ込んでいて頑張っているのですが、それでも今までやってきた中で限界を感じ始めているのです。

 

というのもこれまでやってきたやり方はどちらかというと我流で、たとえば他のすごく稼いでいらっしゃるアフィリエイターさんが現場で実際どのようにやられているかということは、正直あまり時間をとって研究できていなかったんですね。

 

たとえば、オールドドメインを使ったりサテライトサイトを使って行うSEOやアフィリエイトについても、やったことはあるもののあまりうまくいっていなかったので、上手くいっている人はどうやっているのか知りたかったというのがあります。あと、キーワードの出し方や探し方についても興味がありました。

 

なので、以前記事にも書かれていたと思うんですが、たかぽんさんをはじめとして積極的にTwitterで情報発信されているアフィリエイターの方をフォローしてウォッチしていたら、より現場に近いノウハウの片鱗がつかめるんじゃないかと思ったのが、今回Twitterをはじめたきっかけです。

 

あとそれ以外にも、アフィリエイトの話ができるメンバーが社内にいなかったので、共通の話題で盛り上がれる方と仲良くなりたかったというのもあります(笑)

 

サイトも現状正直それほどうまくいっている訳ではないので、このままではやばいという予感があって、これはアフィリエイター的な発想から攻める必要があると思っていて、今はTwitterで情報収集や、あとはアフィリエイトの商材を買って読んでみたりなどをしているところです。

 

 

- アフィリエイターのTwitterを読んで、何か気付いたことはありますか。

 

yuyan まず気付いたことは、本当に稼いでいるアフィリエイターが山ほど居るということが一つと、SEOに関してはいわゆるブラックといわれているSEOのほうがむしろ主流ということです。この二つが気になりました。あとは意外とノウハウを皆さんはシェアされています。

 

 

- そうでしょうか(笑)

 

yuyan 僕から見るとそのように見えます。どちらかというとアフィリエイターさんはすごく隠しているイメージがありました。結構シェアをされてるんだなと思いました。

 

 

CVR改善について

 

- 今日yuyanさんの話を聞いて、僕が思ったことは、サイトを見たときにも思ったのですが、もっともっと成約率が伸びそうだと思ったんですよね。それは先ほど言った誘導のときのやり方なども、まだ工夫の余地がいろいろありそうだと思いました。

前、記事にもしましたが、ユーザーさんには(購入への)段階みたいなものがあるということです。今まさに転職をしたい人と、まだ全然そのようなことを考えていないが、漠然と今の職場に不満を持っているという人。転職をすぐしたい人には、これはお勧めの転職サイトですと言えばいいですが、漠然と不満だけ持っている人にいきなり転職サイトですと言っても、あまり響かないみたいな。それであれば例えば、「今よりも収入をこのようにアップさせる方法があります」ということや、「転職サイトはそもそもどのようなものか」など、ワンクッションを置くということです。

そのようなことで少し遠くなってしまいますが、1ページ経由させるとまだまだ伸びそうだと思いました。僕も結構やるのです。ページ数があるアフィリエイトサイトで一番簡単なものが、フッター部分に全く同じ広告を全ページ掲載するのです。これ一番楽なのですよね。

 

yuyan ですね。

 

 

- しかしそれは全ページにアフィリエイトリンクがはられてしまうこともそうですし、それぞれのページでユーザーのモチベーションは正確に言うと違うわけではないですか。ですからできれば、本当はページごとに文言を変えることや、もしくはそのページには広告をはらないで違うページに内部リンクを置いて誘導して、そちらのページでまた広告のほうへ飛んでもらうなど、内部の最適化を本当はやれば伸ばせる可能性はあるのです。しかしそこはもう正直コストとの兼ね合いだと思います。当然みんな全ページやったらいいことを分かってはいるのですが。

 

yuyan あとは個人的にそこまでいくと、結構看護師の気持ちになれないといけないなと思っているのです。言っても僕は、看護師の世界にほとんど触れたことはないですし、転職したい看護師の気持ちもそれほど分かるわけではないのです。ライティングの添削などをするではないですか。それも結構きつくて、どこをどのように直せば看護師に刺さるのかというところが、実は分かりにくいということがあるのです。ですから結構、内部の最適化に限界を感じているのです。

 

 

- そこは看護師のライターさんにヒアリングするなどしても結構厳しいのですか。

 

yuyan 一応なるべくやれるところはやっているという感じです。

 

 

- 実際に看護師の仕事をしたことがないから、確かに限界はありますよね。

 

yuyan 自分の興味のあるところや少しでも関わりのあるジャンルのほうがいいのかなというところはあります。

 

 

- (中身のある)魂のこもったものは書けますね、

 

yuyan そうですね。保険などはやはり関わりがあるので、自分も選んだことがありますし、そのときの気持ちは何となく分かる気がしているのですが、看護師の転職は、気持ちを想像しても限界があります。

 

 

- 逆に看護師の方に広告文章まで書いてもらうことはできないのですか。やったことはありますか。

 

yuyan それはできます。少しやったこともあります。効果測定まではきちんとやったことはありません。

 

- 確かに難しいです。看護師の方が成約に結び付ける文章を書けるかというところは、結構未知数です。

 

yuyan ですからいまだにどうして転職まで至っているのかということは、正確なところは実感ベースに落ちていないということです。

 

 

- 広告主と話したりはしますか。

 

yuyan 代理店さんとはします。

 

 

- 意外に広告主さんでも、話を聞いてみると新しいことが分かったり、このようなユーザーが多い、実は20代、30代、40代など、どのような層が多い、どのような悩みを持っているなど話したりしますか。

 

yuyan そのような話はあまり聞いていないです。

 

 

- それは意外に役に立つかもしれないです。転職だったら例えば20代が多いかと思ったら、実は40代が多かった、ここが自分は訴求ポイントだと思っていたが、全く違うポイントが刺さっていたなど分かることがあるかもしれません。悩みを抜き出したほうがいいと思います。僕は(看護師のジャンルは)よく分かりませんが、人間関係なのか、収入なのか、その辺りはヒアリングなどをすると大体分かってきますよね。

 

yuyan 一応一通りコンテンツ化はしたという感じです。正確に誘導できているかというと、全然できていないです。

 

 

- 多分、まずユーザーの悩みがあって、その悩みから転職サイトに登録することが、ユーザーの中でつながらないと結構きついと思います。どのようなメリットがあるのかというところです。

 

yuyan 結構今は誘導するリンクがあるというだけになってしまっているので、それが転職になかなかつながりにくいという感じです。

 

 

- 人間関係を悩んでいるならば、この転職サイトを使えば、人間関係で悩んでいる人にも合ったところを紹介してくれるというメリットで設定をするのか、収入で悩んでいるならば、もっといい給与のところを紹介してくれるなど、結構多分訴求ポイントがありそうだと思います。その辺りのヒアリングを徹底してやったら、まだまだ伸びそうだという気がします。

 

yuyan ありがとうございます。僕もそうだと思います。

 

 

最後に

 

- 最後にメッセージみたいなものをお願いします。これを聞いている人に言ってもしようがないので、今年の目標みたいなものがもしあればお願いします。

 

yuyan 当面掲げているものは、看護師さんがたまたま検索して見つけたサイトではなくて、ナースハッピーライフはいいね、すごくいいサイトがあるというふうに言ってもらえるサイトというものをつくりたいと思います。そのブランドができれば、検索でどのようにすることなどを抜きに長く売り上げがつくれるようになると思っているので、そこを目指したいと思います。そのために会員サイト化ということです。

 

 

- 会員制サイトにするということですか。

 

yuyan します。ある程度会員を集めて、ツールとして便利で、看護雑誌は結構いっぱいあるのですが、それの代わりになるサイトにしたいです。

 

- 看護雑誌は何の情報を発信しているのですか。

 

yuyan 要は医療です。

 

Expert Nurse (エキスパートナース) 2014年 01月号 [雑誌]

 

- 先ほど言っていた看護技術みたいな話ですか。

 

yuyan 医療の業界はすごく日々進化しているので、キャッチアップしていかないとどんどん遅れていくのです。それを勉強するために看護師さんが看護雑誌を買って読んでいるのです。その雑誌の代わりになったら一番いいと思います。

 

- わかりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

インタビューを終えて

今回、Twitter上でyuyanさんから「サイトを見て欲しい」というリプライをもらって、拝見したところ、情報量豊富でまさにロングテールを体現しているサイトだったので、たかぽんディレクトリで紹介させていただきました。

 

話を聞いて個人的に感じた点としては、看護師のサイトは、ワードの広がりが多く、成果1件あたりの単価が高いので、ロングテールでも通用するジャンルだとは思いました。「看護師 求人」「看護師 転職」などの直球ワードでの上位表示が不可能でも、十分戦っていけるのかなと。

 

その場合、もちろん、成果地点に遠いユーザーにも広告に興味をもってもらうため、

看護師という職業にどれだけ興味を持ち、悩みを共有し、広告主サイトのメリットを把握し、訴求できるか、導線をひけるかという部分が肝になってくると思うので、看護師を経験した方がある程度身近にいた方が良いのかなと(もちろん現役看護師の方がサイトを作ったら強いと思います)

 

僕が関わっている保険のサイトを作っている時にも思ったのですが、ある程度の知識や経験がないと記事が書きにくいジャンルというのは、良い書き手がいたらそれだけでライバルと差をつけることができるので、そういう人材を常に探していかなければいけないですね。

 

 

という感じで、第2回目のサイト紹介を終わります。

 

 

次回取り上げるのはあなたのサイトかも!?自薦・他薦も受け付けておりますので、興味ある方は、twitterなどでリプライください。よろしくお願いします。